老舗とエリア特化型の業者にはどのような違いがあるのか

大手と地域密着の不動産会社のメリット・デメリット

>

遠くまで来たら

日本の賃貸物件契約時

賃貸物件を契約する前に、敷金と礼金を手渡すのは一般的です。
物件を決め、借主の審査完了後に重要事項の説明があり、契約書を交わします。
敷金や礼金、不動産会社仲介手数料などを、借主はまとめて支払うことになります。
敷金や礼金が無い物件は、引っ越しの初期費用が安く済むのが、メリットになります。
例えば、賃貸物件が管理共益費が込みで家賃が8万円の契約であれば、一般的な敷金と礼金の金額は前納する家賃以外に各家賃1か月分の金額で、それだけの合計16万円と、出費が大きいです。
敷金や礼金のない物件の場合は、家賃が割高に設定してあったり、人気がない物件であったり、退去時に部屋の復旧費用が発生したり、家賃滞納の際には対応が厳しい可能性があるなどです。

値段は適正価格を知ろう

賃貸契約の際に必ずしなくてはいけないのは、契約書をよく読むことや支払いの項目をきちんと把握しておくことです。
賃貸契約時の状態を自分で記録に残しておくことで、リスクを減らせます。
敷金や礼金が無い物件に入居後、生活に伴う劣化でもあるのに退去時に割高なハウスクリーニング費や復旧費用を請求されたり、設定が割高な賃貸料の上にさらに、賃貸料の2か月分の費用を大家さんから請求されて支払うことになるケースもあるなど、トラブルもあるそうです。
あらかじめしっかり確認しておくことが大切で、賃貸契約の違約金や費用等になる部分は、要注意です。
目先の安さなどに惹かれて安易に賃貸契約せずに、物件も確かめたり相場や安い理由を調べてトラブル回避しておくことが、結局は安くて済むことに繋がります。